上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月24日から、ぷらっと3泊4日の九州・四国1人旅に出ておりまして、昨日の早朝に戻って参りました。

行き先は何となく決めて出たのですが、ほとんど「次の日の予定はその日に決める」てな感じの列車の一人旅でございました。

では、1日目(8/24)の目的地は先ず「餘部鉄橋」です。
餘部

鉄橋説明版

明治の42年に着工して、45年に完成した90年以上もの間使われている餘部鉄橋は当時アメリカから輸入した橋脚を利用しています。



車窓餘部

41メートルの高さは一見それほどでも高くないって思うのですが実際に列車の上からや下から眺めるとズバリ!!「怖いぃぃ??!!」です。


駅から見た餘部鉄橋

餘部鉄橋は兵庫県香住町の西部4キロほどのところにあります。最寄り駅はJR西日本の「餘部駅」です。
駅名「餘部」

餘部駅ホーム

駅は無人の駅なのですが当日は列車が着くたびに、たくさんの観光客や鉄橋の写真を取る人たちで賑わっていました。

餘部鉄橋眺め

ここからの眺めは最高です!!

餘部駅を降りて直ぐ上に上がったところに、有名な餘部鉄橋の撮影ポイントがあります。ここで記念撮影されている観光客の人たちでごった返してました。

これから、餘部駅から下って下に降りてみる事にしました。
駅周辺案内板


下に降りる道からみた餘部鉄橋

あと3年ほどで橋の架け替え工事が始まるようで、その準備でしょうか、工事用の足場が組まれていました。こんな高さで工事する人は大変だ!!
海側から見た餘部鉄橋

下の街(海側)から見た餘部鉄橋です。

とても民家が小さく、鉄橋の高さがよくわかります。

山側からみた鉄橋

夏休みだったので臨時列車が走っていました。この鉄橋から見る日本海の車窓は絶景です♪

先ほど駅から降りてきた道を、また息を切らしながらあがり戻ることにしました。着いた頃は曇り空だったのですが、心配されていた台風も他に逸れたみたいで、天気は回復してきました。
駅から見た海


まだもう少しこの「餘部鉄橋を眺めていたい」と言う後ろ髪を引かれながら、餘部駅を後にします。
餘部駅ホーム2





次は、城崎温泉です♪
Secret

TrackBackURL
→http://dorapan.blog8.fc2.com/tb.php/142-507df2da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。