上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.14 なら燈花会
IMG_6080001_36.jpg

今日はお友達のカッタ。さんと一緒に奈良の「なら燈花会」に行って来ました。
カッタ。とJR京都駅で合流
実は行く前にちょっとした事情(家庭内…)があり京都駅の約束の時間に30分ほど遅れてしまいました
カッタ。さんすみませんでした。
IMG_6080001_16.jpg
気を取り直して近鉄電車で奈良駅に到着!!
IMG_6080001_17.jpg
駅周辺は多くの見物いましたね。

この「なら燈花会」はNPO法人が主催となって1999年から行われているそうです。
以下なら燈花会のHPからの説明を引用いたしました。

1300年前に都として栄えた奈良。
広大な自然の中に古代日本のおもかげが今も残る。
そんな奈良にふさわしい、どこか懐かしさを感じ、
心を癒してくれるろうそくのやさしい灯り。

なら燈花会』はゆったりと時の流れる世界遺産の地、
奈良に集う人々の祈りをろうそくの灯りで照らし出します。

1999年に誕生した『なら燈花会』。古都奈良にろうそくの灯りがとけ込み、
人々の心にさまざまな感動を与えてきました。夏のたった10日間だけ、
広大な奈良の緑と歴史の中にろうそくの花が咲きます。

『燈花』とは、灯心の先にできる花の形のかたまり。
これができると縁起が良いと言われています。
なら燈花会』を訪れた人々が幸せになりますように。
そんな願いを込めてろうそく一つ一つに灯りをともします。



うまく説明できない管理人には引用させていただくのがお気軽です♪

それでは駅前から商店街を通り抜け会場に向かいます。
商店街を抜けると早速見えてきました。
IMG_6080001_43.jpg
綺麗ですね!
階段をうまく利用して流れる川のように見えました。

こちらは猿沢池の燈火です。
IMG_6080001_18.jpg
池の周りをぐるっと一回り燈火が置かれています。
IMG_6080001_19.jpg
一つ一つろうそくの日が灯されています。
中はこの様になっています。
容器に3センチほど水を入れて、その上にロウソクが浮かべてありました。

猿沢池の南側から興福寺を眺めました。
IMG_6080001_21.jpg
夜間の撮影なので手振れが大変です。
三脚もってくれば良かったです~

興福寺のライトアップです。
IMG_6080001_22.jpg
棟の右手に白く見えるのは月です。
これも中々上手く撮影できませんね~
コンデジカメラの限界なのでしょうか!

奈良と言えばシカ!!
こちらもシカだけにしっかりと撮影してきました。
IMG_6080001_23.jpg
心霊現象のように見える光は外灯です。
シカの目も光っています♪
シカは人が立ち入れない芝生ゾーンから人間に餌を求めて来ていますが
人が通れる道には一切出てきていませんでした。
よく飼い馴らされてされていますねぇ~!!
このシカは遅出勤務だったのでしょうか!?

こちらは「浮き見堂」です。
IMG_6080001_24.jpg
「月の明かりも取り入れて」「手振れも抑えて」と何度も努力して撮影しましたが~
難しいですね。
IMG_6080001_25.jpg
この池では貸しボートがあり若いカップルがボートから明かりを楽しんでいました。
浮見堂を近くで撮影です。
これだけ真剣に見て回るのも初めてのような気がします。

浅芽ヶ原会場に移動しました。
ロウソクの明かりで作られた今年のテーマですね。
IMG_6080001_26.jpg
この辺りはテレビなどでもよく見かける「奈良公園」と呼ばれている地域だと思います。
日中多くの観光客や多くの!?シカさんたちがいる場所ですね。
夜も遅いのでこの辺りのシカは日勤(9時~17時)シカ(しか)無いのでしょうね
暗くて見かけませんでした。

浮雲園地の会場です。
カッタ。さんにこの「なら橙花会」に誘われてHPを見ていて
一番行ってみたかった場所です。
IMG_6080001_27_20110814021329.jpg
幻想的ですね~!
辺り一面が灯りで埋め尽くされています。
画像ではなく実際に見ていただきたいですね!
IMG_6080001_28.jpg
灯りの雲のじゅうたんです♪

こちらテントは「一客一橙」と言い
このイベントで必要とするロウソクの灯りを購入することにより、来年の開催に向けての募金出来る場所です。
IMG_6080001_29.jpg
こんな綺麗な灯りを入場料を払うのでもなく沢山見せていただき、楽しませてもらえて
ボランティアの人たちや参加されている一般の人たちの協力のもとイベントを成功させ
ているのですから、少しでも協力させて頂きたいと思い
カッタ。さんと一緒にロウソクを購入させて頂きました。

ロウソクを購入すると、ボランティアの若い女性が設置できる場所まで案内してくれます。
IMG_6080001_30.jpg
「ゆっくりとろうそくの心を持ちながら水を入れた容器に浮かべてください」
丁寧に説明がありました。
ロウソクに火をつけるチャッカマンも貸していただき
灯り設置完了です。

カッタ。さんの様子です。
IMG_6080001_31.jpg
ここに来るまで沢山の灯篭を見てきましたが、灯りを管理するのは大変な苦労なんでしょうね。
自分たちも参加できる一つの楽しみを味わうことが出来ました。

さて次は「春日野園地会場」です。
いよいよ会場見学も終盤になってきていますね
IMG_6080001_32.jpg
ここまでも道のりをカッタ。さんと灯りを楽しみながら、またカメラでせっせと撮影をしながら来ています。
各会場ごとに色々なテーマをもとに灯りを表現されていますが
IMG_6080001_33.jpg
どこを見ても飽きませんね~
楽しめます♪
IMG_6080001_34.jpg
この灯りはロウソクではなく電気ですが、暗闇の中に浮かび上がりとても綺麗ですね。
IMG_6080001_37_20110814021941.jpg
画像上に月を入れて撮影して見ました。
やはり月には見えないですが、この日は雲ひとつ無くてとても綺麗な月夜でした。
時間もいい時間になってきて「なら橙花会」の終了時間の21時45分が近づいてきました
IMG_6080001_39.jpg
時間になると「終了の時間です」放送で案内。
するとボランティアスタッフの人たちが黙々と灯りを消して、中に入っているロウソクと水を
ザルに受けて水を切り一まとめ。灯りの容器は重ねてコンテナに収納しておられました。
誰に指示されるわけでもなく、予めの打ち合わせどおりに自分の与えられた作業をテキパキと
行われているボランティアスタッフを見ていると感動しました。

あっという間にさっきまでの灯りは消えて奈良公園は闇に包まれしてしまいました。

ご苦労様です。

また来年も行きたいですね~~!!

東大寺の南大門です。
IMG_6080001_40.jpg
夜の仁王像もライトアップされていました。
IMG_6080001_41.jpg
中々夜の仁王様もイカツイですね。
IMG_6080001_42.jpg

長時間のお付き合いをして頂きましたカッタ。さんお疲れ様でした。
IMG_6080001_38.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://dorapan.blog8.fc2.com/tb.php/1919-92f96657
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。