上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は兵庫県朝来(あさご)市にある、史跡竹田城跡に行って来ました。
IMG_6110001.jpg
「天空の城」と呼ばれている竹田城跡は秋から冬にかけて、よく晴れた早朝の朝に朝霧にが発生し
天空に浮かぶ城が見れるそうなので

行って来ました!!
大阪を深夜の3時半過ぎに出て高速道路を乗り継いで、現地に到着したのは5時半過ぎでした。
IMG_6110001_1.jpg

外は真っ暗!!
寒い!!
ライトを持って行ってよかったぁ~

IMG_6110001_2.jpg

結論から言いますと
天空に浮かぶ城にはならなかったです。
残念!!
でも、日が昇るにつれて
遠くの山のほうには雲海が見えました~

贅沢は言ってられません。

雲に隠れてしまっていますが、朝日が昇るにつれて多くのカメラマンが撮影しています。
IMG_6110001_3.jpg
そして明るくなるにつれて、この竹田城跡の全貌が見えてきました。
IMG_6110001_5.jpg
遠くに見える山々や雲海がとても幻想的です。

少し冷え込んでいた朝でしたが、朝日が昇ってくると暖かく感じます。
IMG_6110001_6.jpg
朝日が城跡の石垣に当たってとても綺麗な色になっていますね。
IMG_6110001_7.jpg

竹田城は小ぶりな山の上にある城なのですが、山の形を上手く利用した城になっているみたいです

日が昇るまでの薄暗い山々に見える風景にも感動しましたが
この風景を見に来る人たちの多さにもビックリしました
ここまでにご紹介した画像には人の気配はあまり感じられませんが
実はこんな多くの人たちが来ています!!
IMG_6110001_8.jpg
画像中央の部分が、天守閣があった場所ですが、ここが最高の撮影スポットに
なっているようです。

昨日は日曜日と言うこともあり、これでも全体で言うと、人の数は半分以下でしょうか~

すごい人気ですね!!

空も明るくなり、朝霧に太陽が反射してとても綺麗です。
IMG_6110001_11.jpg
以下ずらずらと画像を並べますが、宜しければご覧ください。
IMG_6110001_12.jpg

IMG_6110001_13.jpg

桜の木でしょうか??(間違っていたらスミマセン)
IMG_6110001_34.jpg
春に来るとまた綺麗かもしれませんね。

IMG_6110001_14.jpg

IMG_6110001_15.jpg

城下町との高さの違いが良くわかります。
IMG_6110001_16.jpg

IMG_6110001_18.jpg

IMG_6110001_19.jpg
座敷童子のようにこちらを見ているのが、相方様でございます。
IMG_6110001_20.jpg

IMG_6110001_21.jpg

IMG_6110001_22.jpg

IMG_6110001_23.jpg

いい景色と、いい雰囲気のカップルです。
IMG_6110001_24.jpg

IMG_6110001_25.jpg
座敷童子が二度目の登場です!
IMG_6110001_26.jpg

IMG_6110001_29.jpg

城の見取り図ですが、中々立派な要塞だと思います。(歴史城学者ではありませんが…)
IMG_6110001_28.jpg

IMG_6110001_27.jpg

IMG_6110001_32.jpg

IMG_6110001_31.jpg

今回の「竹田城跡」はお知り合いの、ちょくちょく来ていただいているカッタ。さんに教えていただきました。
カッタ。さんありがとう!

城に上がる夜道で熊にでも出くわさないか!?

なんて不安たっぷりで行きましたが、車を止めるスペースもしっかりと整備されていて
城に上がる道も綺麗の舗装されている(場内はされていません)ので、道中は安全でした。
また城に上がるのは2コースあるみたいです。

城までたどり着くと、多くの人たちが、今か今かと待ちわびるご来光。
太陽が上がると周辺の山々が綺麗でした。
明るくなって実感できたのは、小さな山のてっぺんに城があったこと
とても景色が良かったことでした!

しかし、昔の人はこんな所に城を作ったものだと、感心しました!!

また、季節を改めて「天空の城」を見に行きたいと思います。

お勧めですよ~


あっ!

私事ですが、11月13日は画像にも出てくる座敷童子こと相方様との
14回目の記念日でございました。

時が経つのは早いものです~~









Secret

TrackBackURL
→http://dorapan.blog8.fc2.com/tb.php/1942-ea916316
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。