上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JR九州 肥薩線「嘉例川駅」です。
JR九州 「嘉例川駅」
1903年開業で歴史ある駅です。

この駅が出来て100年以上経っています。

2006年に登録有形文化財に指定されたそうです。
「2008年 南九州のたび旅 13」での旅の途中JR九州の観光特急列車「はやとの風」に乗車し多目的はこの「嘉例川駅」で10分弱ですが停車してくれる事でした。
この路線はローカル線なので1時間に1本列車があるかどうかっていう感じの路線なので、この駅で少しの時間停車してくれるのは助かります。

嘉例川駅の構内です。
嘉例川駅構内
このあたりだけ見るとほんとに昔のまんまですね
人一人だけ通れる使い込まれた改札を抜けると
嘉例川駅の改札口です。 昔のまんまですね。長年の月日で改札口の木の枠の角が削れて丸くなっています。
これまた昔のまんまの世界です。
嘉例川駅待合室

通常この駅は無人駅なのですが、地元の人たちによって大事に手入れされています。
(土日は地元の人たちがお弁当を販売されたり、名誉駅長さんが制服を着て列車を見守っているそうです。)

木の椅子も懐かしさを感じます。
待合室の木の椅子
自分は都会に育ちましたが子供の頃に田舎に行くとこんな椅子が普通にあったような気がします。
嘉例川駅
今回は観光列車で訪れた「嘉例川駅」ですが、沢山の人たちで駅舎をバックに記念撮影をする人たちで賑わっていました。
次回はひっそりとした誰もいない無人駅の嘉例川駅を見に行きたいですね。

Blogランキングに参加しています。「嘉例川駅」ポチッとお願いしまーす!
Secret

TrackBackURL
→http://dorapan.blog8.fc2.com/tb.php/620-06fb6462
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。