上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月26日 晴れ 11時過ぎ  JR九州 肥薩線 吉松駅

JR九州の肥薩線を走る特急列車「はやとの風」の終着駅「吉松駅」の到着です。
JR九州 肥薩線 吉松駅
隼人駅から約1時間の旅でした。

次の列車の乗継まで少し時間があるので、ちょいと駅周辺を探検です。
ローカルな雰囲気の駅の構内ですが、かつては鹿児島本線の駅として大変賑わっていたそうです。
吉松駅構内
改札を出ると。
吉松駅
昔からの駅舎ですが、九州の駅らしい木の素材を使った独特の雰囲気駅になっています。
鉄道の資料館
駅の直ぐ横には「鉄道の資料館」があります。
この資料館では、かつてこの駅が鹿児島本線と日豊本線の分岐駅だった頃の資料などやパネルなどで説明されています。
吉松駅 鉄道資料館
まだ本線の駅として繁栄していた頃は年間の乗降客が70万人もあったそうです。
鉄道資料館の展示パネル
「ループ式」と「スイッチバック式」最近ではあまり聞かない言葉ですが、急な山を鉄の塊の列車を走らせるにはこの方法が採用されたみたいです。
ここから肥薩線の人吉方面にはループとスイッチバックを楽しみながら向かいます。

資料館の直ぐ隣には当時この肥薩線で活躍していた蒸気機関車が静態保存されています。
珍しい蒸気機関車を見て回っている子供達を発見です。
機関車だけを撮影したかったのですが?ww
SLと子供達
大きな機関車に小さな子供達。
似合いますね?♪

駅周辺を見学していると次の乗車する観光列車「いざぶろうしんぺい号」が到着しました。
いざぶろう・しんぺい号
これからスイッチバック2回とループ式の山越え列車の旅です。

Blogランキングに参加しています。「ループ&スイッチバック」ポチッとお願いしまーす!
Secret

TrackBackURL
→http://dorapan.blog8.fc2.com/tb.php/634-3f0d906d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。